未来のさんりくびと一覧

■PROFILE
 東京都清瀬市出身。東日本大震災津波の発生直後から、自分にも何かできないか考えていたときに、新聞で三陸の復興と地域活性化の業務を目的とした「いわて復興応援隊」の募集を知り、応募。

 2012年10月より、野田村産業振興課にて、観光、特産品の情報発信及び道の駅観光物産館「ぱあぷる」の改善業務に取り組んでいる。

【その地域で生活することで、地域の本当の姿を知る】

 県の沿岸北部に位置する野田村で、観光や特産品のPR、情報発信などの業務を担う町田さんは、村内の応急仮設住宅で生活し、日々、地域の方々との交流を深めています。

 「実際にその地域で生活することで、地域の本当の姿を知ることができると思います」と町田さん。「野田村の方は、村のことを“何もないのが良いところ”と言うが、村には自然がある」と続けます。

【多くの方が継続して訪れる“野田村”にしたい】

 「村には被災から再建した塩工房で作る“のだ塩”やホタテなどの海の幸をはじめ、山ぶどうや南部福豚など、魅力ある特産品も多くあります。また、野田村でしか産出されない貴重なマリンローズの原石を見ることができる“マリンローズパーク”もある。“あまちゃん”の影響で村に来ていただいた方が、再度、村に来たいと思ってもらえるよう、情報発信したい」と、村の復興・振興に対する意気込みを語りました。