未来のさんりくびと一覧

【PROFILE】
愛知県出身。

大学進学のため岩手県へ。勉学に励む一方、熊の追跡調査や山村集落に通うなど多くの時間を山で過ごすうちに、岩手県の魅力にとりつかれ定住を決意。

NPO法人岩手子ども環境研究所、県立児童館いわて子どもの森での経験を経て、平成25年4月から、釜石市で復興まちづくりに携わる。

平成27年4月、地域固有の文化の再生と継続的な子どものケアを目的に一般社団法人三陸駒舎を設立。

 【地域の文化を活用した子どもの支援を】
 山が多く平地が少ないため、昔から木材の運び出しや農耕に馬を利用し、馬と共に暮らしていた釜石の地域文化。そんな地域文化の再生により、(一社)三陸駒舎はエコツーリズムと被災した子どもたちの心と体のケアプログラムを提供します。

 「まだ応急仮設住宅も残っている状況で、子どもたちの支援も継続的に必要になりますが、馬と触れ合うことは、表面的なことだけでなく、子どもたちを心の中から変えてくれます。そんな馬の持つ力を感じ、いつでも馬と出会える場所を創りました。これからは、将来の釜石を担うことになる今の子どもたちをみんなで育む体制を創っていかなくてはならないと思います。」と、黍原さんは地域の文化による子どもたちへの支援のあり方を話します。 

【昔の暮らしで地域の魅力発信】
 地域文化の再生による地域の魅力について「地域の子ども以外にも県内外から馬に会いに来る人もいます。ここにはカマドもあり、昔の暮らしを体験することもできるので、馬を中心として人を呼び込むこともできます。地域の子どもたちだけでなく都会に暮らす人たちにも、地域に根付く文化に触れて元気になってほしいと思います。」と、子どものたちの支援活動のほか魅力発信にも期待が寄せられます。