第77号(平成26年12月15日)の写真

 12月7日(日)、南部新巻鮭発祥の地で知られる大槌町で「おおつち鮭まつり」が開かれ、多くの家族連れで賑わいました。

 このまつりは大槌の冬の風物詩として例年行われていましたが、震災後は一時中断を余儀なくされ、昨年から復活したもの。

 先着100人が参加できる、まつりの目玉「鮭つかみどり」には、早朝から長い列ができ、受付開始早々に参加が締め切られるという盛況ぶりでした。

 参加者たちは10組に分かれ、軍手や胴長靴を借りて大槌川の浅瀬に設けられたいけすで、放流されたサケのつかみどりに挑戦。5分間の制限時間内に、勢いよく泳ぎまわるサケを捕まえようと悪戦苦闘する中、子どもたちが大きなサケを捕まえると、観客からは歓声が上がり、会場は笑顔で包まれました。

 また、会場となった大槌川河川敷では、地元産のサケで作った新巻鮭やイクラなどを販売するテントが設けられ、訪れた人たちが次々と買い求めていました。

 今シーズンに川に戻ってくる秋サケは4歳魚が主流となるため、震災の影響で漁獲量の落ち込みが心配されていましたが、秋サケ定置網漁は、ほぼ昨年並みに推移しており、今後の漁獲量に期待が寄せられると同時に、地域の風物詩に復興への活気を感じる一日となりました。

 

「いわて復興インデックス報告書(第12回)」のデータから

 沿岸被災12市町村を中心とした本県の復旧、復興の現状やその推移を把握するためのデータを定期的に取りまとめている「いわて復興インデックス報告書」。
 今回は、第12回(平成26年11月21日公表)結果から、主なデータを紹介します。

【なりわい(産業)】産地魚市場水揚量(平成26年4月~9月)
産地魚市場水揚量(年度累計)46,476 トン・70.1%(3年平均比)

 平成20 年度から22 年度までの3年間の同期間における産地魚市場水揚量の平均値の70.1%、前年同期間比では2.0%減となっている。
 昨年低調であった棒受け網によるサンマの水揚量が回復した一方で、定置網によるサバ類の水揚量が大きく減少したことなどによるものと見られる。

【安全】まちづくり(面整備)の進捗率(平成26 年9 月30 日現在)
完成区画数389区画・進捗率 5%
<平成25年12月末 完成区画数96区画・進捗率1%>

 まちづくり(面整備)事業における宅地の完成区画数は389区画であり、 宅地供給予定区画数8,231 区画に対する進捗率は5%となっている。

【暮らし】災害公営住宅の進捗率(平成26 年9 月30 日現在)
899 戸(県整備290 戸、市町村整備609 戸)・15%(進捗率)
<平成25年12月末 323戸:5%(進捗率)>

 災害公営住宅整備事業における完成戸数は899 戸(県整備290 戸、市町村整備609 戸)となっており、建設予定戸数5,946 戸(県整備3,011 戸、市町村整備2,935 戸)に対する進捗率は15% (県整備10%、市町村整備21%)となっている。

 

内陸から被災地にエールを

 11月22日(土)、釜石線岩手二日町駅(遠野市)付近で、JR東日本「SL銀河」と遠野市の乗用馬が並走するイベントが行われました。

 このイベントは、全国有数の馬産地として知られる遠野市の遠野市乗用馬生産組合や遠野郷馬っこ王国ライディングクラブ等が行ったもので、会場付近には多くの写真愛好家や観光客が訪れました。

 当日は、吹き流しを手にした乗り手とともに4頭の乗用馬が、被災地の「し(四)あわせな年越し」を願い、農道およそ800メートルをSLと並走しました。

 SLと乗用馬の並走は今年2回目。内陸から沿岸に向けて、復興へのエールを送るイベントとなりました。

 

千石船の復元船「気仙丸」大船渡湾で初の帆走

 江戸時代の海運を支えた千石船(せんごくぶね)の復元船である「気仙丸」は、気仙地域の船大工グループ「気仙船匠(せんしょう)会」が20年余り前に建造したもので、東日本大震災津波にも無傷で耐えたことから、昨年7月、復興のシンボルにしようと、大船渡商工会議所、気仙船匠会、大船渡市ヨット協会を中心とした保全と活用のプロジェクトが発足。今回11月23日(日)に初の試験航行となりました。

 今回行われた試験航行は、大船渡湾の約3.6キロを、最大時速6ノット(10キロ)で帆走。風を受けながら進む気仙丸は、新たな復興のシンボルとして市民を勇気づけました。