第116号(平成28年11月1日)の写真

 平成28年10月16日(日)、「全国太鼓フェスティバル」(主催:実行委員会)が陸前高田市高田町の市立第一中学校体育館で開催され、全国各地から集まった伝統太鼓や創作太鼓など9つの団体が躍動感あふれる太鼓の演奏を披露し、およそ520人の観客を魅了しました。

 同フェスティバルは平成元年にスタート。今回は、太鼓の響きに乗せて全国からの支援や協力への感謝を伝えるとともに、熊本地震で被災された方々にもエールを送る内容となりました。

 気仙町けんか七夕保存会(陸前高田市)をはじめ、大館曲げわっぱ太鼓(秋田県大館市)や和太鼓日本一決定戦でジュニア日本一に輝いた田島太鼓龍巳会「白鼓(びゃっこ)」(福島県南会津町)などが出演。息の合った演奏と華麗なばちさばきに大きな声援と拍手が送られました。

 

「2016希望郷いわて大会」開催!明るい未来への架け橋へ

 平成28年10月22日(土)から24日(月)の3日間、第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」が開催され、障がい者アスリートによる熱戦が繰り広げられました。

【明るい未来に向け、開会】

 22日(土)、皇太子殿下をお迎えし、北上総合運動公園陸上競技場で行われた開会式には、全国47都道府県と、20の政令指定都市から参加した選手団およそ3,300人が入場。

 達増知事の開会宣言に続いて、皇太子殿下は「大会が東日本大震災からの復興の力となり、明るい未来への架け橋となることを願います。障がいがある人もない人もお互いを尊重しあい、共に支え合う社会づくりが進んでいくことを希望いたします。」とお言葉を述べられました。

 その後、いわて国体から引き継がれた炬火が点火され、本県選手団の太田順一選手と高橋明日香選手が、「全力で競技する姿を通して、全国からの支援に対する感謝を示し、勇気と感動を与えられるよう、持てる力を最後まで発揮し競技することを誓います。」と力強く選手宣誓しました。

【選手の健闘をたたえ閉幕へ】

  24日(月)、高円宮妃・久子さまと三女・絢子さまご出席のもと同競技場で行われた閉会式で達増知事は「皆さんが自らの可能性を広げ繰り広げてきた競技の数々は岩手県民、全国の人々に感動を広げ、勇気を与えてくれた。」と選手の健闘をたたえ、来年の国体開催地愛媛県の中村時広知事に大会旗を引き継ぎました。

【感動を与えた「完全国体」】

 同大会は、陸上競技をはじめとする13の正式競技と4つのオープン競技が県内8市町で行われ、県勢のメダル総獲得数は、金メダル55個、銀メダル42個、銅メダル42個、あわせて139個と過去最多。

 今年1月に行われた冬季大会から10月まで、「完全国体」として開催された東日本大震災復興の架け橋「希望郷いわて国体」と「希望郷いわて大会」は好成績をもって幕を閉じました。

【「希望郷いわて 復興写真館」も盛況】

 「希望郷いわて国体」「希望郷いわて大会」の期間に合わせて「希望郷いわて 復興写真館」が開催されました。

 本写真館は、同国体・大会の文化プログラム事業のひとつとして、いわて県民情報交流センター(盛岡市)および北上総合運動公園わんこ広場会場(北上市)に設置されました。

 “感謝を込めて、復興の今を伝えたい”をテーマに、東日本大震災津波から復興に向けて歩む本県の姿が、県内外多くの人に紹介されました。

 

内陸部に災害公営住宅 291戸を新たに整備

 平成28年10月13日(木)、県は東日本大震災津波で沿岸から内陸部に避難した被災者のための災害公営住宅を、盛岡市、花巻市、遠野市、北上市、奥州市、一関市の6市に計291戸整備することを公表しました。

 県は今年1月、内陸に避難している2,326世帯を対象に意向調査を実施。回答のあった1,951世帯(回答率83.9%)のうち、沿岸部に建設される災害公営住宅等に入居希望を出していないことや住宅建設のための補助金を受け取っていないことなどの入居要件を満たす世帯数を基に、291戸の整備を決定しました。

 県は、平成29年春をめどに建設場所を決定し、入居募集の実施を予定しており、平成30年度の完成を目指します。

【内陸部災害公営住宅建設予定地と戸数】
・盛岡市162戸
・花巻市25戸
・遠野市14戸
・北上市32戸
・奥州市12戸
・一関市36戸
・一関市(旧千厩町)10戸
<計291戸>

 

災害公営住宅 全801戸 整備完了

 平成28年9月30日(金)、県が大船渡市盛町に整備を進めていた災害公営住宅下館下アパート(鉄筋コンクリート造り7階建て・58戸)が完成し、10月31日(月)から入居が開始されました。

 東日本大震災津波で5,582世帯が全壊などの建物被害を受けた同市では、被災者の住まいの再生に向け、平成23年から県とともに災害公営住宅を整備。

 市が16団地290戸、県が9団地511戸の災害公営住宅を整備し、下館下団地の完成により、全25団地801戸の整備が全て完了しました。

 9月末現在、同市の応急仮設住宅は28団地(解体中のものを除く)464戸、災害公営住宅全801戸のうち641戸(大船渡市管理419戸・県管理222戸)が入居しています。

 

さんりくイベント情報

■宮古サーモン・ハーフマラソン大会■<宮古市>
30回目を迎える大規模なマラソン大会。ゴール後には地元の料理が振る舞われます。

開催日▶11/13(日)
場所▶宮古市内
問い合わせ▶実行委員会事務局:0193-62-6000

2016年の「スーパームーン」を見よう!撮ろう!<洋野町>
冬季全国星空継続観察(平成19年環境省主催)で日本一星空がみやすい場所に選ばれた「ひろのまきば天文台」。今年一番大きく満月が見える日に特別に観測会を開催します。

開催日▶11/14(月)
場所▶ひろのまきば天文台(おおのキャンパス内)
問い合わせ▶ひろのまきば天文台:0194-77-3377

北三陸くじ冬の市<久慈市>
三陸・久慈の新鮮な海の幸・山の幸はもちろん、イベントや郷土芸能発表などふるさとの魅力盛りだくさんの市。

開催日▶11/23(水・祝)・12/23(金・祝)・1/28(土)・2/18(土)
場所▶久慈市中心市街地
問い合わせ▶実行委員会:0194-52-2123

第7回全国虎舞フェスティバル<釜石市>
代表的な郷土芸能である「虎舞」の勇壮な競演。市内外の団体による躍動感あふれる演舞を堪能できます。

開催日▶11/27(日)
場所▶シープラザ遊
問い合わせ▶釜石観光物産協会:0193-27-8172

野田ホタテまつり<野田村>
特産品“荒海ホタテ”をこの日だけの特別価格で大放出!荒海ホタテを活きたまま購入できるほか、焼きホタテ等の販売や各種飲食ブースも。

開催日▶12/4(日)
場所▶野田漁協
問い合わせ▶実行委員会事務局:0194-78-2171

みちのく潮風トレイル普代南ルート開通イベント〜海のアルプスウォーキング〜<普代村>
みちのく潮風トレイル普代南~田野畑間が新たに開通。ここちよい潮風を感じながら海岸線を歩きます。

開催日▶12/11(日)
場所▶普代駅~黒崎または北山崎
問い合わせ▶みちのく潮風トレイル(八戸~普代間)利用促進協議会事務局:0194-53-5756

【鮭まつり情報】

山田の鮭まつり<山田町>
鮭つかみ捕り(当日受付・有料)、海産物特価販売、えびすまき、お楽しみ抽選会など。

開催日▶11/27(日)
場所▶山田魚市場
問い合わせ▶山田町水産商工課:0193-82-3111

おおつち鮭まつり<大槌町>
「新巻鮭」発祥の地・大槌町で鮭のPRをするイベント。

開催日▶12/4(日)
場所▶大槌川河川敷
問い合わせ▶大槌町観光物産協会:0193-42-8725

第45回 元祖宮古鮭まつり<宮古市>
川に入っての「鮭つかみ捕り」(参加料千円・一人1尾)や鮭汁無料お振る舞いなど。

開催日▶12/4(日
場所▶津軽石川河川敷
問い合わせ▶実行委員会(宮古観光文化交流協会):0193-62-3534