第103号(平成28年4月15日)の写真

 平成28年4月7日(木)、第88回選抜高校野球大会(主催:毎日新聞社/日本高等学校野球連盟)の応援団賞優秀賞の授与式と報告会が、県立釜石高校(釜石市)で行われました。

 同校の出場は20年ぶり。初戦の小豆島高校(香川県)戦を制した応援に対し、“遠方からの応援”や“球場内でのマナーのよさ”が評価され、今回の受賞となりました。

 応援団長の菊池望さん(3年)は、「小豆島の2千人の応援をひっくり返すような応援ができたと思います。支えてくれたみんなの力によって、優秀賞を獲ることができたと思っています。みなさんお疲れ様でした。」と感謝の気持ちを伝えました。

 続いての報告会で、佐藤一也校長は、「それぞれが苦難を乗り越えつつ手にした、何よりうれしい甲子園初勝利だったのではないでしょうか。」と振り返りました。

 野球部主将の菊池智哉さん(3年)は、「沢山の方々のご支援を頂いて、目標であった“釜石高校の歴史を作る”ということを達成でき、うれしく思います。夏の大会に向けて、さらに鍛錬を重ね頑張ります。」と夏の甲子園への意気込みを述べました。

 

平成28年【第1回】「いわて復興ウォッチャー調査」のデータから

 岩手県では、東日本大震災津波からの復興状況を定期的に把握するため、「いわて復興ウォッチャー調査」を実施しています。
 これは、被災地域に居住又は就労している方々を対象に、半年に1回実施するものです。
 今回は、平成28年第1回(平成28年1月実施)の調査結果から、主なデータを紹介します。

【被災者の生活の回復に対する実感】
「回復」又は「やや回復」:73.2% (前回調査:66.4%)

高台土地造成の進捗により新居への入居が進んでいることを評価する声がある一方、災害公営住宅の家賃負担に対する不安を訴える声などもあった。

【地域経済の回復に対する実感】
「回復」又は「やや回復」:54.3% (前回調査:54.2%)

震災前の業績を超えた企業があるという声がある一方、若年者の流出、人手不足、サケの不漁等による収入減などを訴える声もあった。

【災害に強い安全なまちづくりに対する実感】
「達成」又は「やや達成」:38.8% (前回調査:33.3%)

防潮堤等工事の進捗や災害時における安全な道路整備を評価する声がある一方、震災から5年を迎える今、防災意識を高める機会が必要との声などもあった。

 

中心市街地再生へ新たな一歩「第1期まちびらき」開催

 平成28年3月13日(日)、東日本大震災津波で壊滅的な被害を受けた大船渡駅周辺地区で、駅前交通広場などの完成を記念した「第1期まちびらき(主催:大船渡市)」が、同地区の駅前交通広場(同市大船渡町)で開催され、自治体関係者など約600人が出席して、新たなまちの門出を祝いました。

 同地区は、市がまちの賑わいを創り出す「津波復興拠点整備事業」として整備を進めており、今回は、うち先行区域2.3ヘクタールの整備が概ね完成したものです。

 大船渡プラザホテルが移転新築され、タクシープールとなる広さ2,400平方メートルの駅前交通広場、バス高速輸送システム(BRT)の発着所も整備されました。

 同区域は、平成29年度にかけて大型商業施設などの完成も予定されており、本格復興に向けた確実な歩みが期待されます。

 

地域の防災拠点 大槌消防署新庁舎が完成

 東日本大震災津波で被災し、旧大槌中学校跡地(大槌町源水地区)に整備が進められていた大槌消防署の新庁舎が完成し、業務を開始しました。

 平成28年3月19日(土)に行われた落成式には、関係者や消防団員など約130人が出席し、平野公三大槌町長が「震災の経験や教訓を次なる災害への対応・対策に生かしていきたい。」と挨拶しました。

 新庁舎は、鉄骨造り3階建て、延べ床面積約1,700平方メートル。ヘリコプターの離着陸が可能な駐車場や、停電時にも電力を確保できる発電機やソーラーパネルも設置され、住民の悲願であった地域の防災拠点として期待が寄せられています。

 なお、釜石大槌管内で同様に被災した釜石消防署は、平成26年4月から新庁舎での業務を開始しています。

 

2016 希望郷 いわて国体・いわて大会<洋野町>

本大会 正式競技 ▶ 軟式野球
会期 ▶ 10月2日(日)〜5日(水)
会場 ▶オーシャン・ビュー・スタジアム
お問い合わせ ☎ 0194-65-2111(洋野町)

デモンストレーションスポーツ ▶ サーフィン:9月4日(日)/パークゴルフ:9月25日(日)

<洋野町 INFORMATION>
 北三陸の海の幸と里山に恵まれた洋野町。県内有数の水揚げ量を誇る「種市産ウニ」は、身入りの良さと濃厚な甘みが好評で、毎年7月に開催される「たねいちウニまつり」は多くの来場者で賑わいます。

 また、「モノづくりが暮らしを豊かにする」というテーマの「おおのキャンパス」は、大野木工などの工房と緑の空間が広がり、手づくりの温もりや自然の豊かさが、訪れた人に心の豊かさを語りかけてくれます。

 

さんりくイベント情報

イベントの詳細は変更になる場合がありますので、お問い合わせの上ご来場下さい。

■三陸山田カキまつり■<山田町>
山田湾で獲れた新鮮な海産物の販売。買ったものをその場で焼いて食べるバーベキューコーナー。カキ汁の無料試食など。
開催日▶4/29(金・祝)
場所▶山田魚市場
問い合わせ▶山田の魅力発信実行委員会:0193-82-2515

■浄土ヶ浜まつり■<宮古市>
手こぎボート無料開放、シーカヤック体験試乗会などの日替わりイベント。豚汁や毛ガニ汁のお振舞いも予定。
開催日▶4/29・5/1・5/3〜5/5
場所▶浄土ヶ浜周辺
問い合わせ▶宮古観光文化交流協会:0193-62-3534

■龍泉洞まつり■<岩泉町>
特産品販売、郷土芸能ステージ、景品付き餅まき。先着限定で「岩泉町特産品」の無料配布を予定。
開催日▶5/4(水・祝)〜 5/5(木・祝)
場所▶龍泉洞
問い合わせ▶龍泉洞事務所:0194-22-2566

■宿戸ウニ直売会■<洋野町>
地元漁師によるウニ・アワビ・天然ホヤ等の直売会。焼き物コーナー・いちご煮コーナー・生ウニ丼コーナーなど。
開催日▶5/3(火・祝)〜 5/4(水・祝)
場所▶宿戸漁港
問い合わせ▶種市南漁業協同組合:0194-75-3611

■碁石海岸観光まつり■<大船渡市>
郷土芸能、大船渡のご当地グルメや地元食材を使った豪快な海鮮鍋などの販売。
開催日▶5/4(水・祝)〜 5/5(木・祝)
場所▶碁石海岸レストハウス前広場
問い合わせ▶碁石海岸観光まつり実行委員会:0192-27-3111

■鵜鳥神社例大祭■<普代村>
旧暦4月8日に開催される例大祭。神楽殿では鵜鳥神楽(国指定重要無形民俗文化財)が奉納されます。
開催日▶5/14(土)
場所▶鵜鳥神社
問い合わせ▶鵜鳥神社:0194-35-2339

■野田・塩の道を歩こう会■<久慈市〜野田村>
牛の背に野田村産の塩を載せて山道を運び、沿岸と内陸をつなぐ「野田塩ベッコの道」をたどる、人気のウォーキングイベント。
開催日▶5/22(日)
場所▶塩の道(久慈市山根町〜野田村)
問い合わせ▶野田・塩の道を歩こう実行委員会:0194-78-4171

■北山崎断崖クルーズ観光船運航開始 !■<田野畑村>
冬期間、メンテナンスのための運休から定期運航を再開。
▶4/16(土)〜

■久慈地下水族科学館「もぐらんぴあ」再開 !■<久慈市>
東日本大震災津波による全壊から5年の歳月を経ての再開。
▶4/23(土)〜